特長

仮想化のアドバンテージ

1つのハードウェアプラットフォーム上にすべてのアプリケーション

RTSハイパーバイザを使用することで、1つのハードウェアプラットフォーム上で、さまざまなリアルタイムOSと汎用OSを実行することができます。

利点:ハードウェアコストやエネルギー消費量、ケーブル接続、およびスペースを削減できます。
 

リソースの有効利用

複数のOSが仮想的にマルチコアまたはマルチプロセッサプラットフォームで実行されている場合、必要に応じてパフォーマンスを割り当てることができます。 これにより、各OSに専用のシステムが割り当てられている場合よりも、ハードウェア全体を有効に活用することができます。

利点:コストとエネルギー消費量を削減できます。
 

リアルタイムOSがリアルタイムに動作

リアルタイムOSがリアルタイムに動作

特権モードを使うことで、RTSハイパーバイザは余分な遅延を増やすことなく(0.00μs)、リアルタイム OSを実行することができます。

利点:リアルタイムアプリケーションのパフォーマンスと確定的動作が維持されます。

すぐに使用可能

RTSハイパーバイザは、入手後すぐにインストールして使用することができます。 ユーザーは、ハードウェアに関する詳細な知識がなくても、個別にインストールおよびコンフィグレーションができます。 実装するためのプロジェクトや、エンジニアによるカスタマイズは必要ありません。 

利点:NRE (Non-Recurring Engineering) コストの大幅な削減と、RTSハイパーバイザの評価を任意のx86プラットフォーム上で容易に行えます。 私たちはいつでも喜んで、認定されたプロジェクトを支援いたします。
 

信頼性の向上

ハードウェアコンポーネントの数を減らすことにより、システム全体で障害がおこる可能性は低くなります。 たとえば、産業用PCベースのHMIとARMまたはマイクロコントローラーベースのリアルタイム制御を1つのハードウェアプラットフォームに統合することにより、平均故障間隔(MTBF)を大幅に向上させることができます。

利点:メンテナンスコストが削減され、ダウンタイムが少なくなり生産性が向上するため、ユーザーの満足度も向上します。
 

ハードウェアに依存しない

RTSハイパーバイザはハードウェアに依存せず、小型の組込みモジュールから本格的なサーバまで、IntelあるいはAMDのどちらのプロセッサを搭載しているかに関わりなく、あらゆるx86プラットフォームで実行することができます。

利点:ハードウェアの決定において独立性を保ち、アプリケーションに最適なプラットフォームを選択することができます。
 

認証の簡素化

RTSハイパーバイザを使用して、セキュリティが重要な領域と、ユーザーインタフェースなどの重要ではない領域を分離することによって、開発プロセスと機能の検証をより効率的にするだけでなく、品質保証と認証をも簡素化します。

利点:RTSハイパーバイザを使用してアプリケーションをモジュール化することにより、1つのモジュールに変更を加えたとしても、他のソフトウェアコンポーネントを再コンパイルして再テストする必要がなく、市場投入までの時間とコストを大幅に削減できます。
 

機敏性と柔軟性の向上

機能が仮想マシン間で分離されている場合、これらの仮想マシン間の協調は非常に柔軟なままです。 その結果、いつでもオープンスタンダードのインタフェースに基づいて新しい組み合わせを作成できます。

利点:システム構成の機敏性と柔軟性が高まります。
 

IoTとインダストリー4.0に対応

ファイアウォールやウイルス保護、ルーティングのための、NFV (Network Function Virtualization) を使った専用セキュリティゲートウェイ用のスタンドアロン パーティションによって、セキュリティを大幅に向上させ、追加のゲートウェイを不要にします。

利点:リアルタイムアプリケーションは非常に迅速かつ効率的に接続でき、IoTおよびインダストリー4.0ゲートウェイも個々の要件に柔軟に対応できます。
 

技術的な質問については  FAQセクション . を必ずお読みください。

RTSハイパーバイザは、すべての一般的なRTOSとGPOSの構成に最適です。 お試しください!

Cお問い合わせ