RTS

Safe Hypervisor

現在および将来のアプリケーションは、人間との直接の対話、接続、協調的および自律的な動作など、より多くの機能を提供する傾向があります。

提供される機能:

  • 協調動作するデバイスと機器
  • 自動運転車とロボット
  • 医療機器(外科用ロボット、除細動器)
  • 電力設備(グリッド制御、発電所制御)
  • ECU(電車、車、その他の重機に見られるECUの機能を追加)

高速で正確かつ確定的動作に必要な制御の機能安全要件と、サイバーセキュリティ要求を組み合わせると、多くの場合、追加のワークロードが生じます。

  • 小さな変更、追加機能、または製品を安全範囲に収める機能を提供するため、再設計、追加のハードウェアやソフトウェアが必要となり、安全なセーフティクリティカルシステムの開発に時間とコストが追加されます。
  • 安全機能は、デバイスの無制限の共同使用または自律使用に対する欲求と矛盾します。
     

しかし、優れた機能には大きな責任も伴い、物的損害や人的傷害につながる可能性のある潜在的な望ましくない行動を防ぐために、保護または是正措置を講じる必要が生じます。

Trenner
トップへnach oben Pfeil

要件

安全には、認証可能なHWおよびSWが必要です。 同時に、市場で発見され要求されている多くの機能には、機能安全やサイバーセキュリティのアプローチがありません。

機能安全要件に関する聖書には、次のように記載されています。
「機能安全は、電子システムまたは機器の全体的な安全性の一部であり、入力または障害に応じて予測可能な方法で正しく動作する自動保護に依存しています。」
 

特定の基本的な安全およびセキュリティ要件は、産業、医療、輸送、または自動車に関係なく、すべての垂直市場で考慮する必要があります。 各市場の需要も異なるため、業種ごとにわずかに異なります。

ただし、すべての機能が安全に関連しているわけではありません。製品の設計には、明確な安全コンセプトが不可欠です。
 

Trenner
トップへnach oben Pfeil

RTS Safe Hypervisorの基本コンセプトは分離に基づいています。

CPUコア、IOデバイス、メモリの一部は、個々のVMに排他的に割り当てることができます。 これにより、干渉の排除、ハードリアルタイム、および確定的動作に必要な空間的および時間的な分離が可能になります。 同時に、割り当てられたリソースへの直接アクセスが可能です。 (パススルー)
標準のデバイスドライバーは、ハイパーバイザを意識せずに使用できます。

 

RTS Safe Hypervisor は、常に安全性とセキュリティを維持しながら、可能な限り透過的です。

統合作業は必要ありません。 リソースの割り当ては構成の問題であり、HWとシステムのすべての詳細情報がなくてもインテグレーターが実行できます。

RTS Safe Hypervisor は、Intel Atom、Core、およびXeonに提供され、IntelのFuSaコンセプトと互換性があります。

これは、SoCまたは外部に統合されたセーフティアイランドに基づいています。

  • 排他的に割り当てられたデバイスへのPCIパススルー
  • どのデバイスがどのOSで使用されているかを構成可能
Trenner
トップへnach oben Pfeil

詳細情報

RTS Safe Hypervisorについての詳し情報が必要ですか? ファクトシートをチェックしてください!

ファクトシートのダウンロード