RTS HYPERVISOR

システム通信

システムを安全かつ効率的に運用

ハードウェア支援によるセグメンテーションによって、RTSハイパーバイザはすべてのOSを厳密に分離することができます。 ただし、複雑なシステムの場合は、特定のOSのアプリケーションが、別のOSで実行されているプログラムとアクティビティの調整をすることが重要になることがあります。 システム全体が正確に、そして効率的に運用されることを保証するためには、信頼できる通信方法を確立する必要があります。 RTSハイパーバイザは、OSが相互に通信するために、仮想ネットワーク、共有メモリ、イベントシステムの3つの異なる方法を提供します。 これらの方法は、システム間の通信を容易にするだけではなく、瞬時にOS間で高い信頼性の同期をとることも可能になります。

Trenner
トップへnach oben Pfeil

仮想ネットワーク

仮想ネットワークは、シームレスなソケットベースの通信を提供します。 仮想ネットワークは従来のイーサネットデータ通信ネットワークと同様に、標準のネットワークプロトコルを介して、ネットワークノード間でデータを伝送します。 各OSには、独自のIPアドレスとMACアドレスを割り当てることができます。 TCP/IPやOPC、CORBAなどの確立されたプロトコルがサポートされているため、開発者は独自のシステム間通信の学習に時間を費やす必要はありません。

情報は、メインメモリの専用領域を介して交換されます。 これにより、異なるOS間での高速なデータ転送が可能になります。

 

共有メモリ

共有メモリ領域を使用することで、さまざまなOSで実行されているアプリケーションは、メインメモリを介してデータを迅速かつ簡単に交換することができます。 コンフィグレーションファイルで、1つ以上のメモリパーティションを共有メモリセクションとして設定できます。

RTSハイパーバイザは、データの整合性を維持することを支援します。 ロックメカニズムを提供し、共有メモリパーティションが、特定のOS用に予約されているメモリセクションへのアクセスが競合するのを防ぎます。

キャッシュのコヒーレンシは、プロセッサによって自動的に維持されます。

 

Trenner
トップへnach oben Pfeil
Trenner
トップへnach oben Pfeil

イベントシステム

イベントシステムによって、さまざまなOSで実行されるプログラムは、ユーザが作成した名前付きイベントを介して、相互に通信できるようになります。 アプリケーションは、特定のイベントにシグナルを送信したり、特定のシグナルが到着するのを待つことができます。

プロセッサ間割り込みを使用しているため、ハイパーバイザとのインタラクションは必要ありません。

 

外部コミュニケーションの例

外部ネットワークへのアクセスは、専用のエッジOS に排他的に割り当てられた物理ネットワークアダプタを介して、安全に行われます。 これにより、高価な外部ゲートウェイが不要になります。 データの整合性の保証として、外部デバイス、共有メモリを読み取り専用に定義することができます。