RTSハイパーバイザ

システムのコンフィグレーション

 

簡単なコンフィグレーション

RTSハイパーバイザを使用することで、すぐにシステム要件を確実に満たすことができます。 コンフィグレーションファイルを使用して、コンピューターリソースとOSを 異なるCPUコアに正確に割り当て、希望するランライム環境を設定することができます。

オーダーメイドのシステム設計

コンフィグレーションファイルでは、使用するOSの動作モード、メモリ割り当て、共有メモリセクション、イベント、仮想ネットワーク、タイマー、IRQなどを定義します。 また、PCIデバイスやI/O、USBポート、ディスクとパーティションなども割り当てることができます。 RTSハイパーバイザを使用することで、動作中のOSを表示したり、非表示にしたり、共有メモリセクションを使用したり、時刻同期を変更したりするための権限を割り当てることができます。

セットアップ時間の節約

コンフィグレーションファイルは、プレーンのASCIIフォーマットで記述するため、任意のプレーンテキストエディタで簡単にコンフィグレーションを編集することができます。 含まれている情報は、セクションに分かれています。 明確に割り当てられたキーワードにより、特定のパラメータを簡単に検索、確認、編集することができます。

Trenner
トップへnach oben Pfeil

RTSハイパーバイザ コンフィグレーションの詳細

このユースケースをダウンロード