ようこそ

リアルタイムシステムズについて

私たちは、決定論的リアルタイムOS(RTOS)と、他のクリティカルではないアプリケーションとを、ひとつのハードウェア プラットフォームへの統合を可能にする、信頼できる仮想化テクノロジーのエキスパートです。私たちのベアメタルハイパーバイザは、 OS をリアルタイムで実行できる特権モードを提供し、これによって仮想化によるオーバーヘッドを回避します。 ネイティブのリアルタイム性能は100% 維持されます。

Trenner
トップへnach oben Pfeil
製品のハイライト

RTSハイパーバイザ

RTSハイパーバイザを使用することにより、その時のニーズに合わせて、任意のOSと任意のx86プロセッサを組み合わせることができます。 デバイスとIoT、あるいはインダストリー4.0の接続をそれぞれ独立して自由に仮想化することができます。主な利点は、どのようなケースでも仮想マシンの起動と操作が非常に簡単なことです。つまり、コストのかかる実装作業の必要はなく、決定論的リアルタイムアプリケーションで、仮想化のすべてのメリットをすぐに活用することができます。

  • ハードウェアの統合によるシステムコストと物理サイズの削減
  • ハードリアルタイム パフォーマンスを提供
  • システム機能における最大限の柔軟性
  • OSを追加するために、ハードウェアを追加する必要がないため信頼性(MTBF)が向上
  • 市販OSと独自のOSとをシームレスに連携
  • 低消費電力のモジュールからマルチソケットのサーバまで、あらゆるPCで実行可能
  • カスタマイズが不要ですぐに使用可能
  • 世界中の何千ものシステムで実証済み
産業分野

リアルタイム ハイパーバイザは多くのマーケットで有効

組込みシステム開発者の約半数は、リアルタイム性が重要なアプリケーションに関わっています。 したがって、リアルタイムアプリケーションに対する仮想化テクノロジーの有用性は、彼らにとって非常に興味のあることで、それは新しいアプリケーションが絶えず追加されているからです。私たちは次の産業部門にフォーカスしています。

Trenner
トップへnach oben Pfeil
OSサポート

選択はあなた次第です

RTSハイパーバイザ はOSに依存しないため、一般的なすべての商用、およびオープンソースの OSをサポートしており、選択の自由を提供します。

  • Microsoft™ Windows® (すべての現行バージョン)
  • Wind River VxWorks (6.9, 7)
  • Windows® Embedded Compact (CE 6.0, WEC7, WEC2013)
  • QNX Neutrino RTOS 6, 7
  • Microware OS-9
  • On Time RTOS-32
  • Linux (Ubuntu, Redhat/CentOs, Yocto, など.)
  • Real-Time Linux/Preempt
  • XENOMAI
  • TenAsys INtime RTOS
  • T-Kernel(μITORN 対応)
  • 独自OS(リクエストに応じて)

 

特別なボード・サポート・パッケージ(BSP)は必要ありません! RTSハイパーバイザ用の BSPは リアルタイムシステムズ から提供されます。

Trenner
トップへnach oben Pfeil
ユースケース

標準的なハイパーバイザのユースケース

Trenner
トップへnach oben Pfeil
リファレンス

リアルタイムシステムズ